So-net無料ブログ作成

業師 宇良関、「幻の大技」へ高まる期待! [相撲]

スポンサーリンク




いよいよ大相撲三月場所の開幕が近づいてきました。
本日は、地元大阪出身力士 宇良関の話題を一席。

宇良関はアマチュア時代からアクロバティックな取り口が特徴で、
「居反り」という大技が代名詞になっている力士です。

「宇良関の新入幕」のことはこちらに書いていますので、よろしかったら、ついでに、ぜひ!


ちょっと前の話で恐縮ですが、今年の初場所13日目(1月20日)、当時 東十両3枚目だった宇良関が、十両以上では史上初の大技「たすき反り」で勝っています。

2fda52f5fee3e2e326ac4fa9003f70c0.png
出展 FavoToTo

1955年5月に日本相撲協会が制定発表した「決まり手」は68手。
その後60年1月に70手になり、さらに01年には12手と勝負結果3(つき手、つきひざ、踏み出し)を追加し、現在は82手となっています。

そして!
今年初場所まで1度も出ていない決まり手は5手あったのですが、そのうちの一つ「たすき反り」が宇良関によって出ましたので、残る「幻の技」は次の4手となりました。

(1) 掛け反り
か 掛け反り.gif
出展 まるほんネット

相手の差し手のわきの下に自分の頭を入れ、
足を踏み込んで切り返すように後ろへ倒すか
「外掛け」で反り倒すこと。


(2) 撞木(しゅもく)反り
撞木反り2.gif
出展 まるほんネット

低く構えて頭を相手の脇の下に入れて肩の上に担ぎ上げ、
体を反らして相手を後ろに落として勝つ大技。


(3) 外たすき反り
外たすき反り2.gif
出展 まるほんネット

相手の差し手を抱え、
上からもう一方の手を相手の差し手の方の内股に入れ
自分の体を反らせて倒して勝ちます。


(4) 送り掛け
お 送り掛け2.gif
出展 まるほんネット

相手の後方から足を掛けて倒すこと。
外掛け・内掛けは問わない。

上記のうち、(4)の送り掛けは01年に新設された決まり手ですが、
(1)~(3)は62年間生まれていない、まさに「幻の技」。

「業師 宇良関なら、62年間の沈黙を破ってくれるのではないか」
そんな期待が高まります。


話は戻りますが、
宇良関が初場所「たすき反り」で勝った
相手の天風関 は、身長185㎝、体重202㎏(関取最重量)。
対する宇良関は、身長173㎝、体重128㎏。

12㎝高く、74㎏も重い相手を翻弄し、幻の決まり手というおまけまで付けて勝利しました。
これぞ体重でクラス分けしない大相撲の醍醐味といえましょう!

関取としては小柄な体を生かした、変則相撲に注目が集まる宇良関ですが、
ベンチプレスでは160㎏を挙げるパワーを秘めています。

技は力の中にあり!(大山倍達 談)。

大相撲界のファンタジスタ 宇良関の活躍を,
めちゃくちゃ楽しみにしたいと思います!!


宇良関が大活躍することを祈念して、
ポチッとお願い致します!

人気ブログランキング



スポンサーリンク
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。